LEDテールランプ を製作          2003/03/01(土)
 ワタクシひとりではとても出来ませんが(^_^;) 頼もしい先人である にょろにょろ工房(by YOHさん)、gizmoさんBLKさんなどの回路図や製作レポートを参考に、とりあえず作ってみたというわけで。
 あー、もちろんオット・かずん氏の協力も忘れてはおりません。でも実は今回のSRX用のは、VMAX用製作の為の人身御供なんだと思うけど〜(笑)
 ちなみにワタクシ、「技術家庭科」は男子が技術、女子が家庭科って別れてた時代だったし〜(爆)、半田ごてなんて触ったこともございませんでした。いやぁ、それでも何とかなるもんだ(^ヘ^)
 


使用したモノ
品 名 数量 単 価 備 考
高輝度赤色LED
 [SHARP GL5UR2K1]
28 120 指向角20°2000mcd
超高輝度白色LED
 [日亜化学工業 NSPW500BS]
2 260 指向角20°5600mcd
定電流ダイオード
 [石塚電子 E103]
16 90 3.5V 10mA
定電流ダイオード
 [石塚電子 E452]
7 90 3.7V 5mA
整流用ダイオード
 [日本インター 11EQS06]
 
8 34 0.58V
基板
 [ICB96]
1 540 11.5×16cm
純正色ハーネス 2色
 [空色・黄色]
各1 300 その他、家にあった
2色(赤・黒)のハーネス使用
ソルダレスブレッドボード       
半田ごて     20W
ホットボンド   750 固定用
エポキシ樹脂系接着剤 1 830 防水・固定・放熱用
シリコン系充てん剤(バスコーク)   780 防水


 回路は【ヘッドライトOn時とストップランプOn時でLEDへの電流量を変え、光量を変化させる】ものを作成する事にしました。
 ここで本当なら、回路図とか配線図とか載せておくべきなのですが、自分ではHPへの掲載に耐えるものが書けません…(-_-;) 
 内容は、YOHさんの『セル付き用LEDテールランプ』の回路図を参考に、「抵抗」を「定電流ダイオード(CRD)」に置き換えたものです。赤色4個が7列、ナンバー灯用白色2個が1列で8列並列になってます。YOHさんがシミュレーション&作図して下さったものがありますが、自分の記録として残しておきたいので、後日自力UPを目指し鋭意努力いたします…(^_^;)

LEDテールランプ回路図PDF版(by YOHさん)

型紙&カット基板  まずは、テールライトの中へはめ込む為台形の型紙を作成。それを元にアクリルカッターで基板をカットしました。
 写真のカットした基板が汚いのは、実ははんだ付けまで終えた後、後先考えなかった配置(ジャンプコードのお髭がぼーぼー)に嫌気がさした事、ねじの台座を通す穴も、ドリルの扱いがまずくて美しくなかった事などから、基板のカットから全部やり直そうとパーツを外したから(^_^;)
 …なんて無駄なんでしょう(笑)
 
 
 基板にのせる前に、ヘッドライトOnとストップOnそれぞれ1系統ずつソルダレスブレッドボード上で点灯確認。
 ちゃんと光量に差があることを確認しました。まずは最初の感動〜(;_;)。
ソルダレスブレッドボードで点灯試験
はんだ付け終了「表」  で、連日深夜まではんだはんだはんだ…(笑)
 寝不足の結晶、出来上がりの表裏の様子はこんなんです。ま、初めて(いや、やり直したから2回目ですな(^_^;))にしては上出来!と自画自賛(笑)

 LEDは指向性が強いので、ほぼ真正面しか明るくならないということです。それで多少なりとも横方向からの視認性を高めようと、両端の列の上から2個を真横へ、3個目を斜め前方へ向けてみました。

 
はんだ付け終了「裏」
 はんだ付け終了した午前3時から朝8時頃までヘッドライトOnの連続点灯実験などもしてみました。時々ストップOnにして「を〜まぶし〜」とまた感激してみたりして(笑) 連続点灯試験中
エポキシぼてぼてつけすぎです(^_^;)  仕上げに、ホットボンドやエポキシ樹脂系接着剤で固定・防水します。
 これも初めて扱うモノだったので加減がわからず、一部ちょっと盛りすぎました(^_^;) 危うくLEDのてっぺんが隠れるところでしたのさ。


 基板は、四隅とねじの台座のところをホットボンドで固定しました。
裏はちょっとまとも(笑)
 ソケットの裏側部分はバスコークで防水してみました。エポキシでも良かったかもですが…買い置きしてあったのを使ってみたかっただけなんです。
バスコークで防水
装着!まぶしぃ〜\(^_^)/  そして装着。
 超高輝度白色LEDとはいえ、ナンバー灯は2個しか使っていなかったのでちょっと明るさが心配だったのですが、まぁ許容範囲内かと。
 赤色の方は、斜め後方からも結構明るく見えました。

嗚呼、ようやっとついて、よかったよかった(T_T)


 ちなみにノーマルテールランプの消費電力は21/5Wとなっていますが、LEDだと…

 [ヘッドライトOn]
    { ( 5mA × 7 ) + 20mA } × 11V = 0.605W
        ↑         ↑
     赤LED1列分    ナンバー灯

 [ストップランプOn]
    ( 20mA × 8 ) × 11V = 1.76W

…と、これだけしか消費しません。なんてバッテリーに優しいカスタムでしょう。
 皆さん、じゃんじゃんばりばりやっちゃいましょう(^ヘ^)v


 ワタクシ、半田ごてを持つのも初めてでしたから、電子部品を手に取ったのも初めてです。だから基本的なことは見聞きしてから作業したつもりでしたが、初心者的失敗がかなりありました。
 これから電気工作に挑戦しようという方に、やっちゃいけない例として見ていただければワタクシの失敗も無駄にはならないかも…??

          反面教師に! → 電気工作ダメ×ダメれぽーと



    〜今回の秘密兵器〜

     【歯科用電気エンジン】

 1枚目の基板の穴開けに失敗してしまったため、慣れたお友達に2枚目の穴あけをお願いしました。
 そこで仕上げにぴったりといわれて登場したのがコレ。
 今は使っていない古い型だそうですが、コレを見て、この「しゅい〜ん」という音を聞いたら背中が「をぞぞぞ」となってしまう方も多いのでは(笑)

     穴開け協力 : うがちゃん
歯科用電気エンジン


戻る