ウィンカーリレーを ハザード対応 に交換       2003/01/26(日)

XJR用Lスイッチ利用で ハザード機能 追加     2003/03/01(土)
Kawasakiのウィンカーリレー  前からハザードをつけたかった…
 『MOTO MAINTENANCE 41号』電気系カスタム特集にあったハザード回路の記事なぞ読んで、同じ実験をしたところ、ハザードつけるには要リレー交換と判明。
 すでにハザード装着済みのBLK@京都さんから対応リレーを教えて頂いたので、とりあえずリレーだけ交換する事にしました。

Kawasaki ウィンカーリレーASSY
27002-1060     \3,580
 
<違い・その1>
 BLKさんもこだわっていらっしゃいましたが、ワタクシもかなり気になっておりました。ウィンカーの点灯の仕方。
 新リレーは [○×○×○…]   ○:点灯
 純正は   [×○×○×…]   ×:消灯
 なぜ一拍おいてから点灯するのだ(^_^;)>純正
純正リレーとKawasakiのリレー
アースしたところ <違い・その2>
 B端子、L端子はそのまま同じケーブルで接続、純正にはないE端子をボディアースと接続(右写真)します。

<違い・その3>
 フレームに装着するためのゴムパーツの向きが90度違っていて、純正は端子が下向きに、Kawasakiのは端子が車体後方を向いてつきます。
 それほど硬化もしていなかったので、ゴムパーツは純正を使用して今までと同じ向きで取り付けました。

 これでハザードスイッチをつければ即点灯!…のはず(^_^;)
 実はかずんが購入して結局使わなかったTDM900の左スイッチがあって、またワタクシが買い取ることに(−−;)…なので、こいつを加工予定。
                                                      (2003/01/26)



 …そして、ようやくハザード機能追加の配線加工です。
 余ってる新品TDM用左スイッチを使うのかと思いきや、現在VMAXについてるXJR用をSRX用に、TDM用をVMAX用に加工するんですと。作業はかずん氏におまかせですので文句は言いませんが…新品つけるんだと思ったのに〜(笑)
 写真左がXJR用、右が参考までにTDM用。

XJR用左スイッチ
3YX-83969-00     \5,410(参考新品価格)
XJR用(左)とTDM用(右)
純正スイッチ チョークレバー脱着前後   写真はSRX純正スイッチ。
 下についているチョークレバーを外します。
 中心にあるねじが固くてなめてしまいました。面倒がらずにスイッチを外してからやれば、もっと力も入って大丈夫だったかも(^_^;)
 こちらはXJR用スイッチ。
 黄色○のあたりに、ねじどめ用の穴を2つドリルで開けました。小さめに開けてねじ込んだだけなので、近いうちにナットでとめようと思います。
XJRスイッチ チョークレバー装着前後 
回り止め?  よっしゃ、出来上がり〜\(^_^)/
…と思ったら、ハンドルから浮いちゃってつきません。よく見るとクラッチレバーのステーの方に何やら回り止めらしい出っぱりが…。
 純正のスイッチを見ると確かにその辺りに切り込みが入ってます。
 スイッチ側に切り込みを入れるか、ステーの方の出っぱりを切ってしまうか…
 基本的に「いつでも純正に戻せるカスタム」が信条なので、ステー側を切っちゃうのはやめました。
確かに形状が違います
切り込みはいりました  適切な工具が見あたらなかったので(笑)ドリルでぎゃぎゃぎゃ〜と削り、ヤスリで形を整えてもらいました…って、またワタクシ作業してません(^_^;)
 ぱっと見、ほぼ純正と同じような切り込みが入りました。
 中身(配線)に関しては、先に書いたとおりワタクシはノータッチなものでわかりませんが、とにかくハザードつきました。ただ、インジケータランプの配線をいじってないので、ハザードの時はランプが何もつきません。寂しい(^_^;) 次はここの改造です。どういう風にしようかなぁ。
                                                       (2003/03/01)


戻る