2001/5/20 (日)  ◆◇◆ へなちょこツーリングin御宿


高校の同窓会で久しぶりに再会した澤田くんからツーリングに誘ってもらいました。
彼は二輪初心者、私はブランク長いペーパーライダーということで
距離もほどほどに、ガンガン走るタイプではないメンバーを集めての
へなちょこ向け(みいすけ向けとも言う)ツーリングを企画してくれました。

実は免許とってから今まで、ツーリングなんて3回しか行ったことないのだ。
ヒジョーに楽しみな反面、キンチョーしまくり(--;)
果たして同行の方々に迷惑をかけずに帰ってこられるのか・・・嗚呼、心配。


ねずみ取り写真をクリックすると大きな画像が見られます
写真がないの  快晴〜!天気予報では最高気温26℃の予想・・・うひぃ、暑そう〜。
 8:15、自宅を出発、穴川ICから京葉道に。うえっ、なんだか混んでる〜(-_-;)
 でも松が丘を過ぎたあたりから車も減ってきて、あまり緊張しないで走れるようになってきました。
 バイクはあんまりいないな〜、と思っていると、市原ICから乗ってきたマグナが私の前に。そのマグナに続いて、集合場所の市原SAに 8:40頃到着。
 ・・・う〜、とまると暑い!朝からこれじゃ、やはりメッシュジャケットを着てくれば良かったと後悔(^_^;)
 飲み物を買って戻ってくると、澤田くんがイタリアンレッドも鮮やかなYAMAHA ルネッサ(奥様所有)で到着。
 ここで先ほどのマグナも今日のメンバーであることが判明。おじさんからもらった(うらやましい!)というマグナのTさんも、長らく4輪のダートラをしていて、バイクは復活組だそうです。
 もう一人の参加予定者さんはキャンセルとなりまして、へなちょこツーリングは3名というこじんまりとした人数で決行!と相成りました。
 ルートは、姉崎・袖ヶ浦ICを降りて久留里街道経由で鴨川へ、そこから海沿いを北上して御宿へ・・・ということに決定。

 あ〜、集合場所で写真撮るの忘れた〜(^_^;) 
久留里街道〜澤田くん&Tさん〜  市街地を過ぎると、久留里街道は緑いっぱいでなかなか良い景色。でも緑が多いということは虫も多いということで・・・メットのシールドは、小さい虫のご遺体やら大きい虫激突(カナブンとかガツンと結構衝撃があるよね)の名残の黄色い汁やらで視界が悪い・・・(-_-;)
 でもちょうど写真撮影&休憩でとまってくれたので、シールドもふきふきできましたが(笑)

 亀山湖のすぐ先の笹というところ、きれいな道の駅「ふれあいパークきみつ」で小休止。

朝食抜きという澤田くんに付き合って、軽食&おやつタイム。この時ソフトクリームだけにしておいてよかった〜と後で思うんだけど(^_^;)
 ぴかぴかのハーレーのグループも休憩してたし、そろそろツーリンググループにも会えるかな〜と期待しながら、出発〜。


 鴨川道路(有料:二輪150円)は、路面も割ときれいな高速コーナーの多い道。ここで「バイク倒すの怖い病」の私は、きっついカーブより高速コーナーの方が怖いということに気づいてしまいました。楽に曲がれそうな気がしてオーバースピード気味(それでも周りから見たら十分遅い)で入ってしまいそうになるのだ(^_^;)  もっとバイク倒せば余裕で曲がるんだろうけど(笑)
久留里街道〜澤田くん&みいすけ〜
鴨川の海辺に佇む男性陣  鴨川の市街地にはいると、先頭の澤田くんがいきなり海の方へ方向転換。
 をーい、どこ行くんだー、急な動きはへなちょこには厳禁だー(^_^;) しかもサーファーの皆さん御用達のすっごいでこぼこのスペースに入って行っちゃうし。

 うを〜、こんなでこぼこで砂浮いてる所でUターンさせるな〜(T_T) 今日のメンバーにオフ車はいないぞ〜!がくんがくん、でこんぼこん、あうあうっ・・・絶対こけると思った!・・・けど、なんとか無事に写真撮影(-_-;)
 入ったはいいけど、またでこぼこを越えて行かないとダメなのねん、しくしく。


 後は右側に海を見ながら御宿を目指します。
 潮の香りが食べ物のおいしさを予感させますぅ(笑)
 海沿いの国道128号を走り始めると、ツーリングしているらしいバイクが増えてきました。
 短いトンネルがいくつも続く道。トンネルに入っても、ヘッドライトが妙に暗いような気がして「こんなにでっかいライトなのに暗いぞ〜(-.-)」とぶつぶつ。目が慣れる前に外へ出てしまうせいかなぁ。実は今まで夜間に走ったことないので、よくわからんのだが(爆)
参加車両〜マグナ・ルネッサ・SRX〜
アジのたたき定食  御宿に着くと、市街地から海の方へ、おいしいお魚を食べさせてくれそうなお店を求めて路地から路地へ・・・(笑) しかし、ない(^_^;)
 そこで『お店選びにおいて冒険をするかしないか』という緊急ディスカッションが行われ、主にワタクシの「いや〜食べ物であんまり冒険はしたくないやねぃ」という意見が採り入れられた模様。
 「こういう店が意外とうまいんだよ」的見た目の店(笑)は避ける方向で、先頭の澤田くんに店選びはお任せしたところ、勝浦方面へ市街地を戻り始めてすぐに「北洋亭」という小さなお店へ。実は来る時すでに目をつけていたとか。・・・しかし南国・房総で北洋とはこれいかに(^_^;)
 朝から「アジフライ食べてぇ〜」と言っていた澤田くんはもちろん「アジフライ定食(\1,000)」、Tさんとワタクシは「アジのたたき定食(\1,200)」を注文。
 出てきたのが写真の量で「うひゃぁ、食べきれるかしらん」でございました。お味もなかなかで、ふきの煮物までおまけしていただき、しかも食べきれるか心配した割には、しっかり全部たいらげましたとさ(^_^;)
 もう満腹・大満足で長々と休憩させていただいちゃいました。ごちそうさまでした。

 お店を出て最初の交差点で信号待ちの後、発進しようとしたらエンスト。
 エンジンを何度かけ直してもアクセルを空けると回転が落ちて止まってしまいます。脇道へよけて再度挑戦・・・でもかからない〜(T_T) おろおろ。
 戻ってきてくれた澤田くんに説明すると「かぶっちゃったんじゃないの?」
 一回、二回と大ぶかしをかましてみると・・・あらあら煙がすごいわね(^_^;)
 さらに三回、四回・・・あらあら直っちゃったみたい。
 「ダメだよたまにはガーンと回してあげなきゃ」とご注意を受けました。・・・そういえば十数年前GPXで養老渓谷に行った時も、かぶっちゃって、まっくろくろすけのプラグを途中でお掃除していただいた記憶が・・・少しは学習しろよ>自分(-_-;)
 すみませんでした>おふたりさん。・・・トラブルなしですむはずないと思ったんだ、とほほ(^_^;)
アジフライ定食(食べかけ)
本日の走行距離(途中給油あり)  帰路はコースを替えて、勝浦から国道297号(大多喜街道)を市原へ向かうことに。
 大多喜町と市原市の境のあたりにヘアピン続きの登りがあって、ちょこっとビビリはいりましたが(^_^;)
 先に書いたように、きっついカーブは怖がって十分スピードを落とすので、思ったよりスムーズ。それに講習会の効果も少しはあったのかなぁ、以前よりはバイクを倒せたからかも、と思うです。後ろから見ていたTさんはきっとヒヤヒヤしたに違いないですが(笑)

 館山道・蘇我ICを入って料金所脇で解散です。
 穴川ICまで少々渋滞してたけど、左手が死んでしまうほどの距離でもなく、無事に16:40頃帰宅しました。
 同行のお二方、へなちょこにお付き合いいただきありがとうございました!

 ・・・それにしても、予想してたより疲れてない。
 少しは疲れない乗り方が出来るようになったかな(^^)


本日の走行 約 202km
燃  費 約 24.6km
有料道路料金 \1,350


SRXのページへ戻る