初めて(大嘘)ユーザー車検 に挑戦     2005/07/15(金)
 車検につきましては、「今年が期限で、7月に切れる」という記憶があったです。実際、ナンバーのステッカーも『7』ってなってたし。だから、月末の帰省前に済ませればいいな、なんて思っていて。
 で、7月も半ば近くになり、そろそろ準備をしましょうか、と車検証を見てみると…
 
おや〜?『有効期間の満了する日 平成17年7月1日』…って
ぅをっ!切れてるがな!(゜_゜;)…しかも10日以上前に…
…7月はかじゃ姫の学校やら、DSのスタンプラリーやら、いつにもまして乗り回しておりました、わはは。
 が、済んでしまった事は致し方ありません( ̄^ ̄) 現在、買い物もバイトも学校行きもスピカ号に頼っているので、早急に車検をとらねばなりません。

 7/13(水)…車検切れに気づいた当日
 車検の切れた車で車検場まで自走で移動するには
仮ナンバーが必要です。仮ナンバーを申請するには、その有効期間を含む自賠責保険に加入している必要があります。
 早速午後から近所のバイク屋さんに行き、翌日から
25ヶ月\20,210(いや、念のためね(^_^;) 24ヶ月\19,620でいいんですよ、ホントは)有効の自賠責保険に加入。
 帰宅後、千葉陸運支局のテレフォンサービスで翌日14日の予約を入れようとしましたが、さすがに前日の夕方ではもう空きなし(^_^;)
 午前中は予定があったので、仕方なく15日(金)の午後に予約を入れました。
 丸一日ならやり直しも何回か出来るけど、午後だけで大丈夫なのだろうか〜(≧◇≦)ノ
 

あう〜カーボンに穴が〜(T_T)  7/14(木)…車検対応メンテナンス
 マフリャー@OVERはアイドリングは意外と静かだけど、果たして車検は通るのか?
 勝負してダメだった時、連休明けの再受験になってしまい、検査登録料がもったいない(≧◇≦)ノ
 というわけで、出勤前、早朝からオットに働いていただきました( ̄^ ̄)
 久々のノーマルマフリャーの出番(≧▽≦)ノ やぱーり見た目はショートの方が好きだぁ(^^ゞ 音はいいんだけどねぃ>OVER
 ←外してみたら…OVERクンの裏側、立ちゴケしたせいで車体に当たってカーボンに穴が〜(T_T)
 カーボンひと巻き15Kらしいっす…しばらくはムリぽ…orz


 そして
整備点検記録簿に記入。ワタクシは最初のユーザー車検の時から、オットがExcelで作成したものを使用しております。オットの友人など、日本各地で使用実績ありだそうです(^_^;)
 こちらからダウンロード出来ます。
7/15(金)…車検当日
 前日に仮ナンバーをとりに行こうと思っていたら、色々と悪条件が重なり出動出来ず(T_T)
 結局車検当日、午前中の用事を済ませて急ぎ帰宅し、区役所へ。
 車検証と自賠責保険証書、認印、免許証、手数料\750を持って、その場で書類を書いてしまえばすぐいただけます。…でも検切れしなければ、この手間もいらないんですが(^_^;)
 仮ナンバーの有効期限は3日だと聞いていたので「今日不合格だと、3連休明けに期間延長の手続きに来ないとイカンのねぃ(--;)」と考えていました。
 が、役所の人曰く「最長5日間になってますから、連休明けの19日(火)まで申請していいですよ」
 何年か前に3連休が増えるように法改正がありましたからね、そのせいかな。
仮ナンバー装着!
 さて、以前は「二輪用がない」と四輪用のでかい仮ナンバーを渡されて、ワイヤーでくくって行ったのですが(; ̄ー ̄A 今回はちゃんと二輪用だったのでボルト留め。
 フロントフォークと下回りをちょちょっと掃除して、いざ陸運支局( ̄^ ̄)…の前にちょっと寄り道。
 ノーマルマフラーとエキパイとのつなぎ目を締めるバンドのボルトを紛失していまして、オットは「排気が漏れてないから、そんなもんなくても大丈夫だ」と言っていましたが、やはり心配(--;)
 バイク屋さんに相談&合いそうなボルトを譲ってもらえればと、ちょっとのつもりで行ったのですが…(^_^;)
 ボルトはすぐに出てきましたのさ。そしてお兄さんは一生懸命やってくれてたんですけど、なんだか「やりずらい場所だ」と言って捗りません(--;) すでに午後の受付は始まってるから、どんどん検査時間が短くなっていくんですけど〜(≧◇≦)ノ
 結局、ボルト1本留めていただくのに30分ほども待たされまして、ボルト&取り付け工賃\500…ヲヒヲヒ(; ̄ー ̄A
 改めて出撃〜!結構あわてて移動しましたとも(≧◇≦)ノ
千葉陸運支局検査棟 左端が第1レーン  家から15分ほどで着いちゃう近さに千葉陸運支局があります。
 まずは
申請に必要な用紙を4枚セット\30で購入。
 隣の窓口で
検査登録料\1400と重量税\5000を払って、用紙に印紙を貼ってもらいます。
 ユーザー車検受付のある棟へ移動し、見本を見ながら記入、捺印。
 鉛筆書きしなきゃいけない用紙にボールペンで書いてしまい、上から鉛筆でなぞったのは内緒(; ̄ー ̄A
 記入したら、テレフォンサービスの予約受付の時に案内された予約番号と用紙を提出…無事受け付けられました(≧▽≦)ノ
 「じゃ、検査は1番レーンね」と指定されて検査棟へ移動、並びに行きま〜す。

 検査棟でのブレーキや光軸の検査の前に、並びながら灯火類や車体のチェックをします。柄の長いトンカチで車体をコンコンやられたり、改造があるとメジャーでサイズを測られたりするですよ(≧◇≦)ノ
 しかし、まずはご挨拶。
 「ひとりで来たのは初めてなんですぅ〜(大嘘)
  わからないんで、よろしくお願いしますぅ〜(^^ゞ」
…おばさんの猫なで声で効果があるのか確認できないまま、スピカ号も係官の指示でチェックに入ります。
「はい、エンジン始動〜、ライト点けて〜、上向き〜」
「前ブレーキ〜、後ろブレーキ〜」

 (…よしよし、灯火類は順調順調♪)
「はい、ウィンカー左〜 …ん?…右〜 …」
 (を?何ですか、その間は…どきどき)
「後ろから見ます。ウィンカー左〜…ん〜右〜
…ウィンカーの色、
これ、赤だね(きっぱり)
 (どひ〜っ!なんですとぉ?(≧◇≦)ノ)
 「そんな…え〜と、確かに変更はしてますが、
LEDを使ってあってぇ〜(^_^;)」
しかし、ウィンカーに使用している橙LEDは赤っぽいという話が某BBSで出ていたのを思い出していたので内心アセアセです(; ̄ー ̄A
「じゃ、もう一回前から見ますね〜。左〜」
…などと、先ほどと同様に前後左右まじまじと見られましたが
やはり赤いでしょう(きっぱり)
しかしその時ワタクシは、その人がリアを特に気にしていることに気がつきました。
よっしゃ!打破糸口、ハッケーン( ̄^ ̄)
 「あのあの、リアのポジションランプは確かに赤いです!
  リアのポジションランプって赤でないといけないんですよね?
  でも、ウィンカー点滅時はちゃんとポジションの赤は消えて、橙だけ点くんですよぉ?
  赤と橙、ちゃんと区別してるんですよぉ?(≧▽≦)ノ」
 すると係官さん、再度まじまじと見てから
「じゃ、また後で。コース内の日陰でもう一度判断しますから。」
 (やたー!しばらく生き延びた〜(≧▽≦)ノ…でも大丈夫なんだろうか…(; ̄ー ̄A)
赤猫目ポジション点灯 橙LEDウィンカー点灯
 ちなみに上に、赤/ポジション点灯時(左)と橙/ウィンカーの時(右)の写真を並べてみました。写真だとわかりづらい?(^_^;) …橙LED、赤いでしょうか〜?(@_@)

 ウィンカー色ダメ出しを食らい、書類を手に
 しょんぼりと次の検査を待つスピカ号(;´_`;)
橙LEDのどこが赤に見えるんだお〜?(≧◇≦)ノ
 
 「ウィンカーダメ出し」にかなり動揺している間に、順番が回ってきました(^_^;)
 今回が初めてではないけれど、以前の車検時は緊張して頭真っ白、何をどうやったのかよく覚えていません。
 なので、電光掲示板には
「前に進む」という指示が出ていても、どこまで進んでよいのやら…(≧◇≦)ノ
 確かこのローラーの上に乗っかったけど、前輪?後輪?どっちなの〜?(@_@)
 …などと考えているうちに、行き過ぎたようです。前にはもう車はいないのに、ワタクシの検査は進みませんので(爆)、さっきの係官さんが
「(検査)出来たの?」と様子を見に来てくれました(^_^;)
 「いやぁ〜、てんでわかりません(きっぱり)
…その後は、ワタクシの様子にあきれた係官さんの指示通りにやっただけなので、順番などはやはりよく覚えてません<をぃっ(≧◇≦)ノ
 前後ブレーキとスピードメーターと光軸??の4種類だったかな?(; ̄ー ̄A
 前回の車検後は、電装系いぢりまくりでライトケースもずいぶん動かした気がするので、光軸が一番心配だったのですが、なんなくパスいたしました\(^_^)/
 そして最大の難関ウィンカーです。検査棟出口手前で停止させられ、さっきとは違う係官さんから点滅状態をチェックされました。
 そして待つこと数分…
「はい、結構です。検査受付と同じ棟へ行って書類出してください。」
 ををっ!今までで一番感慨深い
合格の声です!(≧▽≦)ノ
 無事、新しい車検証とナンバー用の検査標章(ステッカー)をもらって、車検終了!


 しかし、果たして次の車検まで検査の流れを覚えていられるかどうか……アヤシイ…(; ̄ー ̄A
 …きっとまた、2年後には『初めて(?)のユーザー車検』がやってくるのだだだっ(≧◇≦)ノ
戻る